« こわい母親 | トップページ | エルダーフラワー♪ »

紅茶について2

紅茶を入れる水は汲み置きした水ではいけないんですよ~

紅茶をおいしく淹れるために水には空気が多く含まれていなければならないのです。

だから、ぺっトボトルのミネラルウォーターもダメ。

二度沸かしのお湯や沸かし過ぎのお湯、ポットのお湯もダメです。

おいしい紅茶を淹れるために用意する水はくみたての水道水!

そして、その水を完全に沸騰させること。

100℃の熱湯をを使うことで、ポット内でジャンピングが起こり、茶葉の味と香りが浸出します。

ジャンピングとは完全に沸騰させた熱湯をポットに注ぐと、紅茶の葉がポットの中で上下に動くことです。

充分にジャンピングさせることで茶葉本来の味と香りを抽出させることができるのです。

茶葉をしっかりジャンピングさせるためには、まず完全に沸騰させた新鮮な熱湯を使うことが大切。

そして、少し高い位置から勢いよく注ぐことです。

高い位置から注ぐことで、お湯に少しでも多くの空気を含ませるのです。

このことを知ってから、水道から出したばかりの新鮮な水を使い、お湯を沸かしすぎず沸騰させ

ポットに高い位置から注ぎ、蒸らし時間をしっかり計り(3~5分)紅茶を淹れてみました。

今までよりおいしく感じたことは言うまでもないです。

そして、ガラスのポットでジャンピングを確かめました。

確かに茶葉が動いている!!

これを知ってから、実はジャンピングを見るのが楽しくなりました。

ポットの中でゆっくり動く茶葉・・・海の中で海藻が揺れているような感じです。(笑)

ちょっとヘンな趣味?だけど、ガラスのポットがあったらこういうのを見てみるのも楽しいものですよ♪

***************************************************************

今日はこの前結婚式をした義妹のMちゃん夫婦が遊びに来てくれました。

            Tea

|

« こわい母親 | トップページ | エルダーフラワー♪ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191437/14009937

この記事へのトラックバック一覧です: 紅茶について2:

« こわい母親 | トップページ | エルダーフラワー♪ »